YouTubeでヨガのポーズを真似しています

最近になって頭痛がよく現れるようになりました。
20代くらいまではあまり頭痛になった事がないのですが、歳のせいなのか最近になってから頭痛に悩むことが多くなりました。
頭痛になる時は大体決まっていて、パソコンやスマートフォンを集中して使用した後や生理前、生理中によくなります。
あまり痛くて耐えられない時はストレッチやマッサージをしてもあまり効果が無かった経験から、すぐに頭痛薬を飲むようにしています。
最初は薬に頼っていると次第に効かなくなるといった話や、胃に負担をかけてしまいそうなイメージから薬を飲むことに抵抗がありましたが、最近テレビのCMでも言っているように我慢し続けるのは良くないようなので、気持ちを割り切って飲むことにしました。
やはり、薬を飲むとすぐに頭痛はおさまり楽になります。
今のところ効き目が弱くなったという感覚や胃が痛くなるといったことはないので、頭痛がひどい時はこの方法を続けようと思っています。
また、頭痛が軽い時はいったん休憩をしてストレッチやマッサージをするようにしています。
首の側面を軽く指圧してみたり、首を左右に一周ずつ回転させてみたり、ときには肩を回してみたりします。
あまり知識の無い素人が首周りを刺激するのは怖いと思ったので、あくまでも優しくソフトに行っています。
それでもスッキリしない時は床に横になり、万歳の格好をして気持ちいい程度に伸びを何度かします。
すると、体全体が軽くなり頭痛も少し和らぐ感じがします。
これは、以前ユーチューブで観たヨガのポーズを参考にしています。
ヨガをするには、一連のポーズを通して行う必要あるので時間がかかりますが、この伸びだけなら作業の合間にさっと出来るので、私は頭痛が軽い時はこういった方法で対処するようにしています。ホットヨガも流行っているので行ってみたいと思います。⇒ホットヨガ姫路
また、頭痛の度合いに関係なく、とにかく一度気持ちと神経を鎮めることが大事なのではないかと思っています。
そのために、痛いなと感じたら一度手を止めその場を離れ、自分をリセットすることもしています。
きっと今後もこの頭痛と付き合っていかなければならないと思うので、ストレッチやマッサージ、時には薬を上手く使用して乗り切っていきたいと思います。

尼寺でウェブ担当をしています。

ある尼寺で修業をしておりますナオミです。私が出家したきっかけはブラック企業に勤めていて、疲弊してもう生きていくのは嫌だと思ったことです。お金のためだけに働くことに疲れ果てて、生きていくのもつらくなったときにそういえば友達のアケミが出家したのを聞いて私も尼になろうと決めました。というのは冗談で笑、テレビドラマを見たのがきっかけです。尼の世界は独特だと思われがちですが、入ってみれば普通の世界だと感じています。でも、俗世間の人から見たら変わっているんでしょうね。お寺で修業といっても今日びの寺は近代的で、掃除したり読経したりしますが、パソコンで文章を作成したり、エクセルで檀家さんを管理したりしています。それで最近あったパソコンの日本語変換がおかしかったので、説法を始めます。

やたら重いんですよね。日本語入力ソフトの変換が。いつもじゃないんですけど、ふとした拍子に時間がかかる。これけっこう困るんですよね、イライラする~。チャットなんかしてるときだと最悪ですよ。変換待ってる間に話がどんどん先へ行っちゃったりして発言できないなんてことも。
これって、辞書機能が重いんでしょうかね。まあ、機能の多いものほど重くなるのはお約束でしょうけれど。そういう場合、デフォルトのMicrosoft IMEに切り替えてやったらちょっとは速くなるのかなあ。ATOKをメインに使ってるんですけど、クラウドタイプっていうんですか、ネット上で動くやつなんで、通信環境にもよるのかもしれません。あーあ、こんなところでストレス感じたくないなあ。便利なんですけどねえ、ATOK。一応Google日本語入力も入れてあるんですけど、仕事に使うのはどうかなあ。ちょっとためらいますしね。さーてと、様子見て解決策を講じなければ。
ところで、今仕事で頼んでいる原稿が作家さんから上がってくるのが明日の予定なんですけど、この先生、今どきPCじゃなくワープロなんですよね。なので、原稿がデータでなく紙で来る。何かと不便が多いですが、まあ仕方ない。がなbって手入力しますよ。そのためにも、変換は速くね、お願いしますよー。